AGAヘアクリニックの治療効果

AGAヘアクリニックの治療効果

AGA治療

 

AGA治療

AGAヘアクリニックでは内服薬の投薬治療でAGAを改善します。

 

薬で薄毛が改善するのか?マッサージや外科的な処置をしなくてもいいのか?本当にハゲが治るの?と不安になるかもしれませんが、AGAヘアクリニックでは医学的にAGA改善が実証されている薬しか使いません。

 

 

AGA(男性型脱毛症)は多くの男性を悩ませていますが、AGA治療効果によってほとんどが改善できると言えます。

 

まずはなぜAGAが発生するのかを見てみましょう。

 

 

1.AGAが発生する仕組みと阻害薬の役目

 

女好きな中年男性は脂ぎった太鼓腹の禿げた姿で描かれますが、これは医学的にも正しい表現です。AGAの原因は男性ホルモンだからです。

 

男性らしさを担うホルモンの一つに「テストステロン」があります。

 

睾丸から分泌され男性の性欲などを司るホルモンですがこれに5αリダクターゼという酵素が結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変化します。

 

髪は4年サイクルで発毛〜成長〜脱毛、休眠を繰り返しますがDHTはこのサイクルを急激に短くします。DHTが毛根に作用すると発毛サイクルは3ヶ月まで短縮し、成長期がほとんどなく脱毛期に入ってしまいます。

 

 

これがAGAの原因です。老化や頭皮の荒れが原因ではありません。だから若い人でもAGA発症リスクはあり生活習慣を変えてもそれだけでは改善しません。(AGA治療をした上で生活習慣を改善すると髪の回復も早くなります)

 

AGA治療

現在使用されるAGA治療薬は5αリダクターゼの発生を邪魔する作用があります。

 

現在、この作用のある認可薬は2種類ありフィナステリド(製品名プロペシア)、デュタステリド(製品名ザガーロ)があります。

 

5αリダクターゼにはT型とU型があり、フィナステリドはU型のみ阻害します。デュタステリドはフィナステリドに比べてU型を約3倍も阻害し、T型は100倍も阻害します。

 

T型は髪のこめかみなどに作用しやすい性質があり、この部分にAGAが発症した場合はデュタステリドが処方されます。

 

 

AGAヘアクリニックの口コミ

 

 

 

 

2.脱毛原因を抑えたら育毛薬で成長を促す

 

理論上はフィナステリドかデュタステリドを服用すればAGAの発症は抑えられます。

 

「これ以上悪化させたくない」場合はAGAヘアクリニックではこれだけ処方されることもあります。

 

しかしいったんDHTの総攻撃を受けた毛根からはなかなか髪が生えてきません。

 

AGA治療

「毛髪を増やしたい」場合は育毛剤を同時に服用して発毛を促す薬、ミノキシジルが処方されるので、ミノキシジルも服用します。

 

ミノキシジルは血管を広げる作用があり、毛穴に酸素と栄養を送る毛細血管を広げて血流を改善します。

 

血管を広げる薬やサプリメントは数多くありますが「発毛効果」が医学的に実証されたのはミノキシジルだけです。

 

 

 

3.実際にAGAは改善するのか?

 

これらの薬は3ヶ月以上(できれば6ヶ月以上)毎日服用することでAGAが改善します。

 

回復の具合は個人差がありますが早い人なら2ヶ月くらいから改善の兆しに気づきます。

 

フィナステリドしかない時代はM字ハゲの人は改善が難しかったのですが、デュタステリドが登場してからはM字の人も改善しやすくなりました。

 

AGA治療

 

医学的にAGA改善に効果が実証されている薬なので、程度の差はあっても多くの人が改善します。

 

AGAヘアクリニックは曖昧な治療をいっさい行わず、医学的に証明された薬でしか治療を行いません。

 

 

 

AGAヘアクリニックの口コミ

 

 

 

 

4.調薬と経過観察で安全なAGA治療が行える

 

AGAヘアクリニックではこの3種類の薬を使ってAGA治療を行います。
詳しい人なら「なんだ、これなら薬を個人輸入すればいいじゃないか」と思うかもしれません。しかし薬を自己判断で飲むのはとても危険です。

 

フィナステリド、デュタステリドには性欲減退や勃起不全、精液量の減少を起こすリスクがあります。男性ホルモン生成を阻害する薬なので副作用の可能性は常にあると考えましょう。特に妊活中なら大きな問題になります。

 

フィナステリドよりもデュタステリドのほうが副作用リスクが高く、デュタステリドの場合は性欲減退3.9%、勃起不全4.3%、精液量の減少1.3%の確率で発生します。
(フィナステリドは性欲減退1〜5%、ほかは1%未満)

 

確かにAGA改善だけを見ればデュタステリドのほうが効果は高いかもしれません。しかし副作用リスクを避けたいならフィナステリドも選択に入ります。

 

 

ミノキシジルはもともと心臓病治療のために開発された薬です。「ミノキシジルを個人輸入して飲んでいたら心臓をやられた」なんていう話も珍しくありません。

 

わずかな金を惜しんで素人が薬に手を出すのは危険です。副作用リスクが高すぎるし健康を損ねたら意味がありません。

 

AGAヘアクリニックでは投薬量をこまめに調整できます。
ある程度髪が生えたら減薬して現状維持を図ることもできますし、効果が薄ければ薬を増やすこともできます。

 

AGAヘアクリニックの水島院長効果を最大にして副作用は最低限に、というオーダーメイドしてくれるのは大きな利点でしょう。

 

定期的に血液検査を行うので、服薬による肝臓や腎臓のダメージリスクも最低限に抑えられます。(薬でまれに肝機能にダメージを受けることがあります)

 

AGA治療薬は決して無害な薬ではありません。使い方を間違えたり持病があると命に関わる副作用を起こすことがあります。

 

勃起不全などという不名誉な副作用も避けたいでしょう。

 

AGAヘアクリニックはこれらのリスクを最低限に抑え、最高の効果を発揮できるクリニックです。
副作用リスクについてもカウンセリングでしっかり説明してくれます。

 

参考:AGAヘアクリニックのTV電話無料カウンセリング

 

 

 

AGAヘアクリニックの口コミ